月別アーカイブ: 2017年4月

Hani Dallah Ali 来日個展ツアー2017

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

Hani Dallah Ali展

ハーニー・ダッラ・アリー

هاني الدلة علي  رحيل وطن

《ラヒール・ワタン~祖国、我を去りて~》

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

①京都/堺町画廊
2017年5月23日(火)~28日(日)
11:00~19:00(最終日18:00)

【期間中イベント】
5月24日(水)19:00~21:00  常味裕司ウードコンサート
予約2,500円 当日3,000円(1ドリンク付き)
5月27日(土)17:00~19:00  Hani Dallah Aliトーク
(聴き手&通訳:岡真理)&相沢恭行ライブ
★ゲスト:松浪千静/三味線(響喜)
要予約2,000円(アラブコーヒーor紅茶付)

*個展会場&イベント予約先
堺町画廊 http://sakaimachi-garow.com
〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル
phone+fax:075-213-3636
mail: information@sakaimachi-garow.com
───────────────────────────────────
②仙台/ギャラリー ターンアラウンド
2017年5月30日(火)~6月4日(日)
11:00~20:00(最終日17:00)

【期間中イベント】
5月30日(火)18:00~20:00 オープニングパーティー
*カンパ制&飲食の持ち込み歓迎
6月3日(土)17:00~20:00  Hani Dallah Aliトーク
&相沢恭行ライブ(ゲスト荻野仁子:ウード)
予約2000円 当日2500円 +1ドリンクオーダー

*個展会場&イベント予約先
ギャラリー ターンアラウンド
http://turn-around.jp/
〒980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
Tel:022-398-6413
mail:info@turn-around.jp
───────────────────────────────────
③東京/ギャラリー古藤
2017年6月6日(火)~11日(日)
11:00~19:00(最終日17:00)

【期間中イベント】
6月6日(火)17:30~19:00 オープニングパーティー
無料:飲食持込歓迎
19:00~21:00 常味裕司ウードコンサート
予約2500円 当日3000円(1ドリンク付)
6月10日(土)17:00~19:00 Hani Dallah Aliトーク
&相沢恭行ライブ(ゲスト荻野仁子:ウード)
無料:投げ銭制

*個展会場&イベント予約先
ギャラリー古藤
http://furuto.art.coocan.jp/
〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16
Tel:03-3948-5328
mail:fwge7555@mb.infoweb.ne.jp

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【Hani Dallah Ali/ハーニー・ダッラ・アリー】
(イラク人画家・ヨルダン在住)
http://www.aldallaali.com
1969年 イラク・アンバール県ヒートに生まれる
1990年 バグダード造形芸術院卒業
2004年 ポーランド文化省の招待によりワルシャワで美術品修復技術を学ぶ
2005年 イラク情勢悪化しヨルダン・アンマンに一家で避難
初来日し東京と札幌で個展「混沌からの光」
2006年 2度目の来日。東京でイラク現代アート展、京都でイベント参加
2006年~2015年 ヨルダン、イラク、レバノンなどで個展多数
2016年 ナツメヤシの手すき紙を使用した新シリーズ「ナツメヤシと農婦」日本各地で展示

*Hani Dallah Ali来日個展ツアー主催&問合せ
PEACE ON
090-3973-9594
office@npopeaceon.org

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

「祖国、我を去りて イラク人アーティストが語るエグザイル・アート、そして祖国」

ハーニー・ダッラ・アリーさんは2005年、イラク戦争で祖国を追われ、現在、ヨルダン在住。
戦争は彼から何を奪ったのか。
絵筆とともにエグザイルを生きながら、ワタン(アラビア語で「祖国/故郷」の意)の記憶を描き続けるアーティストが語る、戦争、故郷の記憶、そして人間にとってアートとは何か、ワタンとは何か――。

日時:2017年5月25日(木) 18:30-20:30
会場:京都大学 吉田南キャンパス 総合人間学部棟 地下 1B05教室
参加費:無料

聞き手:岡真理
使用言語:アラビア語
通 訳:福田義昭(大阪大学、アラブ文学)

-------------------------------------------------------------
主 催:京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
    科研基盤(B)「現代中東における「ワタン(祖国)」的心性をめぐる表象文化の発展的研究」
共 催:PEACE ON
問合せ:PJ21kyoto@gmail.com
--------------------------------------------------------------

イラク&ヨルダン行のおしらせ

この度、4月14日(金)からイラク&ヨルダンに行ってきます。

イラクではクルド人自治区の主都アルビルでスタッフのサラマッドと一緒に児童養護施設を訪問し、気仙沼の同施設「旭が丘学園」の子どもたちから預かってきた絵と歌を届けてきます。昨年3月に始まったこの「気仙沼・イラク 友だちプロジェクト」も今回で2往復目。イラクの子どもたち、今度はどんな絵を描いて、どんな歌を歌ってくれるでしょう?

その後はヨルダンのアンマンに移動し、イラク人画家Haniと会い、5,6月の来日個展企画の打ち合わせ、そしてビザの手続きをしてきます。展示予定の作品も一部持って帰ってくる予定です。他、時間の許す限りギャラリーや工房など訪れ今度の企画の相談もできればと考えております。

帰国日は4月25日(火)の予定です。

この度はHani来日準備がありますし、5月3日&4日京都での野外イベントも控えているので、10日程度の旅程であまり余裕はありませんが、これまで通りできる限りイラク・ヨルダンの現状と、シリアから難民として逃れた方々を含め市井に生きる人々を見つめ、facebookなどでお伝えしていきます。
http://www.facebook.com/PeaceOnNuzha
http://www.facebook.com/yasuyuki.y.aizawa

そこでみなさまにお願いがあります。

「気仙沼・イラク 友だちプロジェクト」の継続のため、カンパのご協力をいただけましたら大変ありがたいです。目下、ISに占拠された都市モースルでの奪還作戦の最中で、緊急に支援が必要な人々がいらっしゃる中、こうした交流事業へのカンパをお願いするのは大変心苦しくもあります。もちろん、モースルへの緊急支援にもご協力いただきたいのですが、このともだちプロジェクトのような小さな交流事業もみなさまからのカンパがあってはじめて続けることができますし、このようなとても小さな取り組みでも、交流を続けた子どもたちが将来、未来の平和な国際関係をつくっていく大人になっていく可能性を考えると、小さくても大きな一歩でもあると信じております。

また、昨年立て続けに両親を亡くしたサラマッドにとって、このプロジェクトを続けていくことは、彼にとってのひとつの心の支えにもなっているようです。彼を応援する気持ちと共に、ご協力いただければとても嬉しいです。

「気仙沼・イラク 友だちプロジェクト」

【カンパお振込先】

◇郵便振替◇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
郵便振替口座番号:00160-2-647637
加入者名    :PEACE ON
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇ゆうちょ銀行◇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金融機関コード:9900
〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
店番号:019
(当座)0647637
PEACE ON
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*ご協力いただいたみなさまには、帰国後に会計報告含め報告書をお送りしますので、通信欄にメールアドレスまたはご住所もご明記いただけると助かります。

*14日の出発間際、または出発後のお振込みになる場合は、メールにて金額をおしらせいただけると助かります。

*モースル緊急支援にご協力できる方は、
イラク支援仲間の高遠菜穂子さんまでお願いします。
http://iraqhope.exblog.jp/13592012/

また、イラク人画家Hani Dallah Aliの来日個展スケジュールは以下の通りです。詳細は後日改めてお知らせいたします。

【イラク人画家Hani Dallah Ali来日個展】

5/23(火)~28(日)@京都・堺町画廊
5/30(火)~6/4(日)@仙台・Gallery TurnAround
6/6(火)~11(日)@東京/江古田・ギャラリー古藤
*期間中イベント企画中

中東アラブ世界は相変わらず混沌として、排外主義に沈みゆく欧州、まさかのトランプ大統領就任の米国を見回しても、世界ぜんたいが壊れ絶望に呑み込まれていく時代のなか、ここ日本に生きる僕たち一人ひとりの生き方が問われています。14年前のイラク戦争の最中に見つけた友情という希望の種。この世界をあきらめずに、どうにか今日まで共に歩んで育んでくることができました。これもみなさんの温かいご支援ご協力のおかげであり、振り返ると一つひとつ感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。よかったら、これからも、ご一緒に育てていけたら嬉しいです。

PEACE ON主宰 相沢恭行