月別アーカイブ: 2016年8月

中東行のお知らせ&カンパのお願い

PEACE ON主宰相沢恭行の次回の中東行が決まりましたのでお知らせします。
*2016年8月24日~9月7日の予定

①イラク・アルビルではPEACE ON立ち上げから現地スタッフとして頑張ってきてくれたサラマッド&アマラに会ってきます。これまでもフェイスブックやメールでお伝えしてきましたが、サラマッドは3月にバグダードで父親を亡くし、そして5月にはフランスで手術を終えイラクへ帰国途中の母親を乗せたエジプト航空機が墜落してしまいました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10208413480726003&set=a.3440056051567.2149031.1575536889&type=3&theater

サラマッドとは最近電話で話しました。続けざまに両親を亡くした衝撃の真っただ中で、「生きている実感も、幸せも、目標も感じられず、からっぽで、悲しい」とのことでした。なんとかアルビルでの仕事にも戻りましたが、職場のエミレーツ支店もいつ閉鎖になるかわからず、先行きが見えない状況が続いています。

まずは彼に会って、お父さん、お母さんの話をたくさん聞いてきます。それから彼のためにこれから何ができるか一緒に考えてみます。この度の事故で経済的にも苦しい状況なのでサラマッドへのカンパも歓迎します。できればメッセージ(英語orアラビア語がベストですが日本語でも訳します)も添えていただければ嬉しいです。

②3月に相沢のふるさと気仙沼で始まった「気仙沼・アラブともだちプロジェクト」の続きを行います。ともだちプロジェクトについては、以下のリンクをご覧ください。
https://www.facebook.com/yasuyuki.y.aizawa/posts/10207856882571397?pnref=story

プロジェクト実施会場は、サラマッドの協力でアルビル市内の孤児院に決まりました!気仙沼の児童養護施設で暮らす子どもたちが描いてくれた絵をイラクとシリアの子どもたちに届けて、お返しの絵を描いてもらいます。*「ともだちプロジェクト」へのカンパも引き続き大歓迎です。

③ヨルダンのアンマンではイラク人画家ハーニー(Hani Al-Dalla Ali)と会い、昨年末に預かった彼の作品による展覧会(2月~5月、東京、大阪、京都)の報告と清算を行います。また、来年2017年5~6月に彼の3度目の来日個展(京都、仙台、東京)を計画していて、その打ち合わせも兼ねて行ってきます。

④ダール・アンダギャラリーに「ともだちプロジェクト」の報告、また今後の展開について相談をしてきます。

⑤ハーニーの長女ナバの結婚パーティーに参加します。彼女は結婚後はスウェーデンに移住します。

⑥他、ハーニー以外のアーティストや関係者に会い今度のプロジェクトについて相談してきます。

*アルビルでも、アンマンでも、これまで同様に時間が許すかぎりシリアやイラクから逃れ難民として生きる人々とも出会い、できることを考えてみます。

【カンパのお振込先】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

郵便振替/ 00160-2-647637 PEACE ON

*他の金融機関からお振込みされる場合の情報は以下の通りです。

■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 019
■預金種目 当座
■店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号 0647637

*通信欄に、「サラマッド」、「ともだちプロジェクト」、「活動カンパ」などと分けて書いていただければ、その通りに割り振ります。特に記載なければこちらの判断で割り振らせていただきます。

【活動報告について/イベント企画大歓迎!】━━━━━━━━━━━━━━━

活動中の報告は主にフェイスブックに掲載します。帰国後は改めてみなさんにご報告します。報告会は9月に京都で行う予定ですが、日時、会場など決まり次第ご連絡します。

また、9月以降、京都以外の地域でもぜひ報告をしていきたいので、小さな会でも企画してみたいという方はぜひお気軽にご相談ください。最近各地でご好評いただいているギター弾き語りミニライブとセットでも、どのような形でも喜んで調整させていただきます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ISによる事件を筆頭に、世界各地で暴力の脅威が広がっています。アルビルもアンマンも比較的安全な地域とは言えども、この度も決して無理はせず安全には十分に気を配って活動してきます。

サラマッドや彼の家族に起きた出来事も、今の世界ぜんたいが直面しているこの恐怖も、振り返れば発端はやはりあのイラク戦争です。13年以上経ちましたが、あの戦争に向き合って、戦火の中つながったご縁を大切にしていきたいという気持ちはますます高まっています。こんな僕でも、今日まで活動を続けてこられたのは、これまでご支援いただいたみなさまのお陰だと深く感謝しております。

ところで、つい先ほどサラマッドから以下のメッセージを受け取りました。

「広島原爆忌の報道を見ました。心は君と共にあります。どうか僕のあふれる敬意と深い悲しみを日本の友人たち、そして君のご両親含め知人のみなさんに伝えてほしい。あの戦争によってあなた方は人生を深く理解し、よき方向に変え、大きく発展し尊敬される国に変わりました。神が被爆された全ての方々とそのご家族の苦しみを癒されますように」

こんな時代ではありますが、イラクと日本という距離を超えて、お互いに信頼し合える人と人との温かいつながりがある限り、必ずや誰もが生きるに値する世界に近づけることができると強く信じております。この度もみなさまのあたたかいご支援をどうかよろしくお願い申し上げます。
13325461_10208413480726003_4122472404948941420_n
0001with Hani 1