月別アーカイブ: 2015年8月

「商いでつなぐパレスチナの希望(アマル)」

●PEACE ON アラブンカフェ第一回目●
「商いでつなぐパレスチナの希望(アマル)」
AM9A6786 (2)
「商いを通してアラブを知り友だちになろう!」というコンセプトで始まったピースオンの新企画「アラブンカフェ」の第一回目ゲストは、パレスチナ・アマルの北村記世実さん。「ラスト・カフィーヤ」などパレスチナに唯一残る工場で紡がれる伝統的な織物を販売する事業を2013年に立ち上げられた北村さんは、先日初めてのクラウドファンディング(インターネットを通じた資金調達)を見事に成功させました。(104人・986,000円の支援!)この度は北村さんにパレスチナとの商いのご経験をお聞きします。国を超えた商取引の面白さと難しさ、そしてアラブの人々や文化についても学びながら、一緒にアマル(アラビア語で希望)を語り合いましょう!

*「楽天堂・小さな仕事塾」の協力でケーススタディー(事例研究)形式を取り入れます。
*北村さんは8月にパレスチナを訪問されました。最新現地報告も聞けます!

○日時:2015年9月12日(土)13時30分~16時30分
○場所:からこと舎
   京都市中京区聚楽廻松下町12-31
   JR円町駅(京都駅から山陰線で3駅目 快速停車)より徒歩12分
   http://www.takayanagim3.com/index/access.html#2
★行き方:円町駅から丸太町通りを右(東)へ歩き、4つ目の信号(御前通を過ぎて中央図書館手前の信号)を北へ左折して、最初の十字路で東に右折して北側2軒目。
○ゲスト:北村記世実さん(パレスチナ・アマル)
     http://palestine-textiles.jp/
○参加費:一般 2000円/小さな仕事塾の塾生 1500円
○予約申込先:メール office@npopeaceon.org
       電話  090-3973-9594(相沢)9月11日まで 

*パレスチナのお茶&ナツメヤシの実(デーツ)付き
*パレスチナ・アマル&ピースオンの商品(アラブ民芸品など)も販売します。

主催:ピースオン http://npopeaceon.org/
協力:パレスチナ・アマル http://palestine-textiles.jp/
   楽天堂(小さな仕事塾)http://www.rakutendo.com/

□写真は工場オーナーと北村さん 
8月2日パレスチナ・ヘブロンにて
_M9A3200

【遊と講vol.50】ふるさとの痛みを胸に~イラクの友と歩み考えたこと

西宮市男女共同参画センター ウェーブ 2015年度市民企画講座

多文化共生社会 共に生きていくために
① ふるさとの痛みを胸に~イラクの友と歩み考えたこと

【遊と講vol.50】
9月5日(土) 13:00~15:00(開場12:00)
相沢恭行さん(イラク支援・文化交流NGO“PEACE ON”主宰)
会場 西宮市男女共同参画センター ウェーブ
プレラにしのみや4F 411学習室
http://www.nishi.or.jp/contents/0002286400040009600582.html

参加費 無料
定員 60名
問合せ 特定非営利活動法人one village one earth

tel:0798-66-2211   mail:info@1village1earth.com

http://1village1earth.com/

イラク戦争前からイラクに関わり、障害のある子どもたちの施設支援、イラクと日本の子どもたちどうしの絵日記交換などの文化交流活動をはじめ、イラク現代アート展、イラク人芸術家招へい事業などを通じ、10年以上に亘ってイラクの人々と交流を続けてきた相沢さんから、戦争で故郷を奪われたイラク市民の現状を聞きます。また、気仙沼出身の相沢さんが、津波で変わり果てたご自身のふるさと前に、あらためてイラクの友の痛みを知り、イラクからの励しに救われた、というお話から、同じ地球に生きる友人として、この困難な時代を共に生き抜く道を考えます。

主催  特定非営利活動法人one village one earth・西宮市

with Mr.Hani, Iraqi Artist